ライオンキング実写版映画キャラクター一覧まとめ!相関図と日本語吹き替え声優も

raionnkinngu-jissya-soukannzu




ディズニーの名作アニメ「ライオン・キング」が2019年夏に、実写版として映画館に登場します。

そこで、今回はまだライオンキングを見たことがないあなたのために、登場するキャラクターを一覧でまとめてみました。

話の流れがわかるように、相関図も探してみましたよ。

また、実写版ライオンキングは、日本語吹替版も同時公開されます。

それぞれのキャラクターを担当している声優は誰なのか気になりますね。

こちらも合わせてご紹介します。

題して「ライオンキング実写版映画キャラクター一覧まとめ!相関図と日本語吹き替え声優も」です。

スポンサーリンク



 

ライオンキング実写版映画に登場するキャラクター一覧まとめと日本語吹き替え声優

 

この夏公開のライオンキングは超実写版として話題になっています。

実写版というと、本当の動物たちが出演しているのかと思うのですが、今回は超実写版。

フルCGという技法を使って、毛先の一本までリアルに描きます。

ディズニーは、なんと言ってもアニメの絵の美しさが魅力的ですよね。

しかし、今回は実物の動物たちをリアルに描き、あまりのリアルさに話題になっています。

では、映画に登場するキャラクターたちと、日本語吹き替え版の主な声優たちを合わせて見てみましょう。

 

シンバ(主人公)/賀来 賢人

 

サバンナの動物王国「プライド・ランド」の王、ムファサの子供です。

王位を狙うおじのスカーの策略にはまり、父は死に、シンバは国を追われます。

スカーによって荒廃したプライドランドを立て直し、王となって平和な国を再建しました。

 

賀来賢人

 

1989年7月生まれの30歳

女優の賀来千賀子さんはおばさんにあたります。

賀来賢人さんは、ディズニー作品が以前から大好きで、特にライオンキングは何度も見たお気に入りの一つだそうです。

2016年に女優の榮倉奈々さんと結婚して小さなお子さんもいるので、シンバの役をぜひやりたかったということです。

 

ムファサ(父王)/大和田 伸也

mufasa

photo credit: powershotpix Lion via photopin (license)

シンバの父で、サバンナの動物王国プライドランドの偉大な王です。

ムサファは動物たちの尊敬と信頼を一身に集めた、威厳に満ちた王でした。

しかし、弟のスカーの策略にはまったシンバを助けるために、命を落としてしまいます。

 

大和田伸也

1947年10月生まれの71歳

大和田伸也さんはベテラン俳優ですよね。

アニメのライオンキングでもムファサの声を担当したので、ライオンキングファンには、実写版もムファサ役というのはうれしい情報です。

威厳のある王様、息子を思う懐の大きな父親。

大和田伸也さんにピッタリのムファサ役です。

 

ナラ(シンバの幼馴染)/門山 葉子

ナラは幼い頃からシンバと仲良しの活発なメスライオンです。

スカーの支配による国の危機を救うために、国をでて旅にでます。

その中でシンバに再会し、国を救ってほしいとシンバを奮い立たせます。

後にナラは、国を救い王となったシンバと結婚して子供を産み幸せに暮らします。

 

門山葉子

1994年8月生まれ 24歳

門山葉子さんはデビュー作がミュージカル「アニー」のダフィ役で子役デビューしました。

以後、出演作品はミュージカルが多く、テレビではあまり知らない人も多いのではないでしょうか。

実写版ライオンキングの英語版では、ナラ役はビヨンセが担当しています。

門山葉子さんもディズニー作品、そしてビヨンセの大ファンということで、同じ役をやれることがとてもうれしく、反面大きなプレッシャーだと言っています。

ビヨンセにまけない、素晴らしい門山葉子さんのナラが楽しみです。

 

 

スカー(ムファサの弟)/江口 洋介

ムファサの弟です。

自分が王になりたいがために、シンバを罠にはめ、兄のムファサを死に追いやります。

ムファサの死後、晴れて王になりますが、動物達からの尊敬や信頼をもらえず、国を荒廃させてしまいます。

スカーは国のために戻ったシンバと闘い、敗れて死にます。

 

江口洋介

 

1967年12月生まれ 51歳

悪者のスカー役は、ドラマでも活躍中の江口洋介さんです。

日頃から熱い情熱を持った役者さんです。

映画の吹き替えは初めてということですが、ライオンキングの予告篇を見て、「ぜひやりたい!」と思って挑戦したということ。

きっと素晴らしいスカー役を見せてくれると期待大です。

 

サラビ(シンバの母)

photo credit: Tambako the Jaguar Next portrait of Lisa via photopin (license)

ムファサの妻、シンバの母親です。

ムファサが死に、シンバが国を追われても、王国のため毅然とした態度でスカーに接します。

愛にあふれた優しく強い女王です。

 

プンヴァとティモン(シンバの親友)

プンヴァは陽気で優しいイボイノシシ。

ティモンは口が悪く怒りっぽいけど仲間思いのミーアキャットでプンヴァの相棒です。

シンバが国を追放され、行き倒れになっているところを二匹が助けて、シンバの大親友になります。

二匹の教えは「ハクナ・マクタ(くよくよするな)」

シンバにもこれを教え、陽気に生きる精神を伝えます。

 

ラフィキ(謎のヒヒ)

lionking-hihi

 

プライドランドの山奥、プライドロックに古くから住んでいる謎のヒヒです。

王国の祈祷師的役割を担っていて、生命の環(サークル・オブ・ライフ)が壊れないように努めています。

父を亡くし悲しみにくれるシンバに、進むべき道を助言してくれます。

 

その他にも、たくさんのサバンナの動物たちが出演しますが、日本語吹き替え版は、賀来賢人さんも、江口洋介さんも、みなさんオーディションを受けて合格した方々です。

スポンサーリンク



 

ライオンキング相関図とあらすじ

lionking-soukanzu

引用元:https://www.disney.co.jp

実は私、アニメの時のライオンキングも見てないんです。

今度の実写版は見に行きたいなと思っているところです。

そんな時、少しでも登場キャラの関係とかがわかっていたら、より話が面白くなると思いませんか?

ディズニーさんの公式ページに相関図があったので、引用させていただきました。

初めて見に行く方も、これで予習して映画を見に行きましょう。

 

ライオンキングのあらすじ

サバンナの動物王国「プライド・ランド」

この国を統治するのはライオンのムファサです。

ムファサの子供として生まれたのが主人公のシンバ。

幼馴染のメスライオン、ナラと仲良く元気に育ちます。

 

ところが、王位継承をめぐる事件が起こったのです。

王ムファサの弟スカーは、ムファサとシンバの暗殺をたくらみます。

そして、スカーの罠にはまったシンバを助けてムファサは死んでしまいました。

 

スカーは王となり、ムファサの死の責任をシンバに追わせ、プライド・ランドから追放しました。

プライド・ランドを追放されたシンバは、砂漠をさまよい力尽きてたおれてしまいます。

そんなシンバを救ったのが、ミーアキャットのティモンとイボイノシシのプンバァです。

仲間のもとで、シンバは再び元気を取り戻し成長していきます。

 

一方、スカーが王になったプライド・ランドは、動物たちが国中から逃げてしまいました。

食料も水も緑もない、荒れた国になってしまい、スカーは尊敬されない王様になっていました。

そんな国の危機を、シンバに伝えに来たのが幼馴染だったナラです。

父王ムファサを自分が殺したという責任を感じながらも、シンバはプライド・ランドに戻り、スカーと戦います。

そして、見事スカーを倒し、プライド・ランドの新しい王となりました。

 

王となったシンバは、ナラと結婚してかわいい子供も生まれました。

国を出ていった動物たちも戻ってきて、時が経ち、プライド・ランドは以前の平和な美しい国を取り戻しました。

 

簡単にあらすじだけ書いてみましたが、シンバが悩みながら強く成長する姿や、大自然の摂理、生と死についてなど、とても大切なことを教えてくれる作品です。

 

ライオンキング超実写版ツイッターの口コミは?

 

 

 

 

みんな、予告をみただけでこのテンションの上がりようです。

やはり、一番の関心はリアルすぎる画像と、その美しさ。

子供もそうですが、大人の方がもっと超実写版ライオンキングの映画を心待ちにしているのでは?

そんな感じを受ける盛り上がりようです。

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は「ライオンキング実写版映画キャラクター一覧まとめ!相関図と日本語吹き替え声優も」でした。

最近のディズニー映画やアニメなど、リアルで本当に美しいです。

どうみてもライオンキングに出てくる動物たちは、本物ですよね。

ライオンキング超実写版は8月9日公開です。

夏休みにお子さんと一緒に見たい映画の第一候補間違いなしです。

大自然の素晴らしさと、そこに暮らす動物たちの世界を、美しい映像で存分に楽しみたいですね。

]]>

スポンサーリンク