小沢大仁の出身やプロフィール!初勝利の感想と今後の抱負は?

小沢大仁出身やプロフィール




2021年3月6日、大阪で行われた阪神1Rで勝利を飾った小沢大仁(おざわだいと)騎手。

小沢大仁騎手は、今回の阪神R1がデビュー戦で、初騎乗初勝利をつかみ取りました。

今後が期待される小沢大仁騎手ですが、いったいどんな人なのか。

今回は小沢大仁騎手の出身やプロフィールを調べてみました。

また、阪神戦に挑む前の意気込みや、初勝利のうれしい感想。

そして今後の抱負なども一緒にお届けします。

スポンサーリンク



小沢大仁の出身やプロフィール

 

初勝利を笑顔で喜んでいる大沢騎手。

見たところ、まだ幼さも残る、素朴な青年のようです。

本名:小沢大仁(おざわだいと)
生年月日 :2003年1月4日
身長 :156.5cm
体重: 44.3kg
血液型: B型
出身地 愛知県

小沢騎手はまだ18歳!

騎手の免許をとりたての新人さんです。

初めてのレースでいきなり優勝したんですね。

初めてのレースで初勝利した騎手は史上47人目!

これから注目される期待のルーキーです。

小沢騎手のこと、みんなより先に詳しく知っちゃいましょう!

 

小沢大仁騎手のプロフィール

小沢騎手がどんな人か、こちらのインタビューからわかります。

愛知県出身の小沢大仁騎手、どうして騎手になろうと思ったの?

小さい頃から動物が大好きで、近所の牧場で馬と触れ合てっていました。

その時に馬の優しさや可愛さに魅力を感じ馬が大好きになりました。

その後、初めて競馬場に行った時に、騎手と馬の迫力ある姿を見て、騎手になりたいと思いました。

 

どんな騎手になりたいですか?

目標にしてる騎手は幸英明騎手で謙虚な姿勢を見習いたいです。

たくさんの人に信頼してもらえる騎手になりたいです。

 

趣味や特技は?また好きな芸能人は?

趣味はサイクリング

特技は水泳とマジック

好きな芸能人はオードリーの春日さん

 

座右の銘(モットー)は?

日々前進

 

乗ってみたい過去の馬は?

ウインバリアシオン

 

競馬の魅力は何ですか?

言葉が通じない人馬が一体となって走るところや、たくさんの人が携わり、その人たちの想いを背負った馬同士が全力で走り勝負をするところです。

 

愛知県出身の小沢騎手ですが、近所に牧場があった!

山手のほうだったんでしょうか?

自然に囲まれた場所で育ったんですね。

特技にマジックというのも素敵ですね。

マジックは世界中の人と、言葉が通じなくても感動を共用できます。

小沢騎手のインタビューをみていると、まじめで純粋な人なんだなーと感じます。

スポンサーリンク



初勝利の感想と今後の抱負

デビュー戦でいきなり初勝利をあげた小沢大仁騎手、阪神R1で優勝という見事な成績でしたが、レース前はかなり緊張していたと語ります。

でも、馬に乗ると落ち着いてレースにのぞもうという気持ちになったそうです。

「馬に助けてもらいました」

と初勝利の感想を語る小沢大仁騎手、きっと馬との信頼関係もばっちりだったんですね。

 

メイショウホタルビ

 

今回小沢騎手が乗った馬は、メイショウホタルビという馬です。

とってもきれいな毛並みの馬ですね~。

メイショウホタルビの父はナムラタイタンという馬で、ファンも多くいました。

今回は子供のメイショウホタルビが優勝したということで、ファンにはとてもうれしいレースでした。

 

小沢騎手の今後の抱負

小沢騎手は今後の抱負を次のように語っています。

こうして卒業できたのも、多くの方に支えてもらったおかげです。
今後は自分が結果を出して、恩返しをしたいです。
また、積極的な競馬をして、多くの方に愛される騎手になりたいです。
騎手としてデビューさせてもらえたのも、両親や学校の先生、何よりも松永昌博調教師が支えて下さったおかげです。
次はしっかり結果で恩返しできるよう頑張りたいです。
また、チャンスを与えて下さったオーナーさんにも感謝したいです。

出典:https://news.netkeiba.com

 

馬が大好きなお子様にどうぞ(^^)/

 

まとめ

 

騎手学校を卒業して、初めて出場したレースで優勝した小沢大仁騎手、本当におめでとうございます!

まだ18歳という若さなので、これからたくさんのレースに出場して活躍していくことと思います。

周囲の方々への感謝の気持ち、練習に向けた謙虚な気持ち、馬に対する愛情など、今の小沢騎手からはとても感じられます。

今後も今の気持ちを忘れずに、素晴らし騎手に成長してほしいですね。

小沢大仁騎手、応援してます!

がんばれ~

スポンサーリンク